CONCEPT

XLARGE®

エクストララージ

1991年11月、LAのヴァーモント・アヴェニューにXLARGE® STOREがオープン。このショップから発信されるファッションとカルチャーが、ʼ90年代のLAしいてはアメリカ、さらにワールドワイドなストリートカルチャーをリードしていきました。ブランドをスタートさせたのは、イライ・ボナーツとアダム・シルバーマンという建設学校を卒業したばかりの若者でした。

90年代のLAは、ヒップホップやグラフィティが発祥とされるNYとは全く異なる形態で発展し、独自のスケートボードや音楽カルチャーがミックスし、新たなストリートカルチャーが生まれようとしていた時代でした。イライ、アダムの2人に、Beastie BoysのマイクDが加わり、「XLARGE® STORE」は強力な個性を放つこととなりました。

「XLARGE® STORE」は、当時としては画期的な商品構成で、ベン・デイヴィスやカーハートといったワークウェア、アディダスやプーマといったオールドスクールスニーカーなどを取り扱い、現在のセレクトショップの価値観を築きました。

そのショップのオリジナルブランドとしてスタートしたXLARGE®は、「普段着ではなく、ファッションとして実用なウェアを表現する」というユニークな視点を提示し、MUSIC、ART、SKATEBOARDINGなどのカルチャーを融合することで、オリジナルのファッションスタイルを生み出しました。現在も、設立当時の力強さを失うことなく、ストリートウェアの革新者であり、パイオニアであり続けています。

PLUS L

プラス エル

ブランド設立25周年を目前に控えた2015年、XLARGE®から新たなレーベルが発足。

デザイナー・ディレクターに江川芳文氏を迎え、これまでに培ったモノづくりへの拘りをXLARGE®のこれからの歴史に"PLUS" していく。

PLUS L NEWS

VA

ヴイエー

adidas Originalsの最高峰プロジェクト「コンソーシアム」が発表した「aZX」プロジェクト。アルファベットa~zのイニシャルを持つキーアカウントがコラボレーションシューズ「ZX」をリリースし、その「V」を担う日本初のコンソーシアムパートナーショップとして、2008年8月8日、「VA」が誕生。

「VA」とは、オムニバスCDなどの表記に使われる「Various Artist」の略。同じコンセプトの中でも様々な表現手法や解釈があるように、このショップもまた、強いオリジナリティや輝きを持ったアイテムを集め、皆様にオムニバス形式でプレゼンテ―ションをすることでスニーカーカルチャーの新しい可能性を描いていきます。

VA NEWS

TOP OF PAGE

XLARGE® LOS ANGELES