NEWS

XLARGE®×HAJIME SORAYAMA

世界的アーティスト、「空山 基」とのコラボレーションアイテムの先行予約会を開催
“エアブラシを駆使した実写表現技法のゴットファーザー”として、国内外で伝説となっているアーティスト、空山基(そらやま・はじめ)とのコラボレーションアイテムを2016年11月18日(金)よりリリース。注目は、XLARGE®のブランドアイコンである「OGゴリラ」を描き下ろしたオリジナルグラフィックと、代表作である「セクシーロボット」をフューチャーしたラインナップとなっている。

上記日程リリースに先駆け、オフィシャルオンラインストア「calif(カリフ)」「ZOZOTOWN」と「XLARGE® HARAJUKU」にて、10月17日(月)より先行予約会を開催。

また、「calif」「XLARGE® HARAJUKU」では、対象アイテムをご予約頂いたお客様に「限定非売品ポスター」(515mm×728mm)をプレゼント致します。アイテム詳細を一足早くチェック、そして確実に購入できるこの機会を是非ご利用ください。

【期間】10月17日(月)15:00~10月31(月)14:59

オフィシャルオンラインストア「calif(カリフ)」
http://calif.cc/s/161017XLE_SORA/


「ZOZOTOWN」
hhttp://zozo.jp/search/?p_tpcsid=299769


「XLARGE® HARAJUKU」
11:00-20:00
03-3475-5696
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-25-29
GoogleMaps


 

 

【作品解説】
2016_winter_sorayama_1

「SONYの初代AIBOやエアロスミスのアルバムカバーなどで世界的にその作品が知られているアーティスト、空山基。人間の人体美とロボットを融合させた「セクシーロボット」シリーズは、20世紀の伝説と言っても過言ではない。

現在、その作品を賞賛するカルチャーアイコンは、ジョージ・ルーカス、ステラ・マッカートニー、KAWSと枚挙にいとまがない。今回、その空山の手によってXLARGEのゴリラがPUNKなロボットに変身した。

このコラボレーションは、ただのストリートファッションとアートの友好的な出会いではない。むしろ、互いに中指をおっ立てたバトルと解釈した方が良さそうだ。」

NANZUKA GALLERY 南塚 真史

2016_winter_sorayama_2

今回のコラボに際して、80年代の自身の作品に全面的な描き加えを施し、OGゴリラのプリントが入ったキャミソールを着ているセクシーロボットに仕上げている。

 

空山 基(そらやま・はじめ)
1947年愛媛県生まれ。1969年中央美術学園を卒業。広告代理店勤務を経て1972年よりフリーとなって以後、驚異的な写実力を武器に、人体と機械の美を追求した作品で、国内外で伝説的な存在となっている。その名を世に知らしめた作品「セクシーロボット」シリーズ(1978年-)では、女性の人体美をロボットに取り込んだ表現で、その後のロボットのイメージ形成に大きな影響を与えた。1999年、ソニーが開発したエンターテイメントロボット「AIBO」のコンセプトデザインを手掛け、グッドデザイン賞グランプリ(通産省)、メディア芸術祭グランプリ(文化庁)を受賞。2001年には、初代「AIBO」がスミソニアン博物館&MOMAのパーマネントコレクションに収蔵され、同年に朝日新聞発明賞を受賞。

また、世界的ロックバンド、エアロスミスの「Just Push Play」(2001)のアルバムカバーを手掛けたことでも知られている。近年の展覧会に、2015年、「Unorthodox」、The Jewish Museum(ニューヨーク、アメリカ)、2016年、個展「女優はマシーンではありません。でも機械のように扱われます。」NANZUKA(東京)、「宇宙と芸術展」森美術館(東京)など多数。
http://collabo-art.com/

XLARGE® オフィシャルオンラインストア
>>calif
>>ZOZOTOWN

「calif」予約会ページはこちら
http://calif.cc/s/161017XLE_SORA/